2010年02月03日

やる気の無い、努力をしない人間は、即、排除する。

企業のリストラとは意味が違います。
利益を追求するためだけに人をやめさせろ、
というのではありません。あくまで、“だめな人”です。

こう書くと、「だめな人間なんていない」
と言う人がいるかもしれませんが、実際はいます。
やる気の無い、努力をしない人間です。

ここでまた、
「できるように教えてあげれば良い。導いてあげれば良い」
と言う人がいます。

はっきり言って、ムダです。
そんな人に労力をかけるより、
もっとやる気のある人に声をかける方が、
時間とお金の節約になります。

新たな生きがいや仕事を探している人は
たくさんいるはずです。
どうせ労力を使うなら、
新しい可能性にかけた方が良いでしょう。

まちや村では、産品販売所や宿泊施設、温泉施設、
展示館などがありますが、
そこの責任者を決める場合には、広く公募すべきです。

田舎では、役場にいた人間を配置したり、
縁故で入ったりするケースが多々あります。

こういう人たちの中には、
“甘え”を持った人が多いのも事実。
自分は役場の人間だ。誰それの家族だ。親戚だ。
という考えが、頭の奥に潜んでいて、
仕事が適当になってしまいます。

積極的に動くこともありません。
それでも安泰だからです。
責任感・使命感がまったくありません。

俺は、私は、この仕事を成功させるんだ、
という強い意志を持ってやって来たわけでは無いのです。
すべての人がそうだとは言いませんが……。

だいたい、コネで入ろうとする根性の人間が、
“できるやつ”なわけがありません。
広く公募し、経歴や人柄をじっくり見て選ぶ方が、
戦力となるのではないでしょうか。

一番の問題は、役場からの転職や縁故で入った人は
やめさせにくい、という点です。
特に田舎では、地元権力者や議員の口添えで入った
という人などは、そうです。
こういう人をやめさせる勇気を持たなければいけません。

ここでもうひとつの問題は、
そういう人が責任者となっている場合、
経営者としての感覚が無いということです。

まちや村の施設だと、
赤字になっていても補助金などがあり、
なかなか潰れません。

これに甘えているのです。危機感がありません。
民間ならすぐに倒産です。

真剣に考える頭を持った人間を責任者にすべきです。
この無能な責任者をやめさせる勇気を
行政やトップも持って欲しいところです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ブログランキング
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

何もしない農協を働かせろ。

農民による、農民のための、農民の組織である「農協」。
のはずが、いまではただの
金融機関・保険会社となっています。

農民からも不満の声が上がっています。
「貯金と共済の勧誘の時しか、家にやってこない」と。

まちづくり・村おこしのメンバーにも、
農協関係者の名前はあまりありません。
農業国である日本の地域おこしには、
少なからず農業関係者は関わってくるはずなのですが。

メンバーは、商工会や青年会議所、
役場などが中心となっています。
農協は何をしているのでしょうか。

少し前、使ってはいけない農薬を
裏取引でさばいていた農協職員がいました。ご立派です。
それをわかっていて使う農民もすばらしいですが。

そんな人間はごくごく一部だ、
という方もいるかもしれませんが、
逆にいえば、氷山の一角かもしれないとも言えます。

農協の体質が、悪い方向に向いているのです。
輸入自由化や農業人口の減少など、
苦しい時代かもしれませんが、
もう一度、初心を思い出し、
農民のために働いてほしいものです。

そこで、まちづくり・村おこしにおいて、
農協が果たせる役割は
たくさんあるのではないでしょうか。

農業体験などは、
すべて農協で取り仕切ることができます。

有機農法への取り組みも積極的に関われるはずです。
ここで、“農薬が売れなくなる”などという
バカな農協は潰してしまえば良いのです。

農民に密着し、地域に根差しているからこそ、
どこよりも積極的にまちづくり・村おこしに
取り組めるはずなのです。
これは、大きな財産です。
もっと有効に使いたいものです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

ブランドを創る。

まちづくり・村おこしで取り組みやすいのは、
やはり特産品づくりでしょう。
それは簡単だという意味ではなく、
当たればデカいということです。

地域の知名度も上がり、お金が落とされ、
雇用機会も増えます。
なかなか難しいことですが、
取り組む価値は大きいのです。

牛肉といえば松坂、黒ぶたは鹿児島、
タコ焼きは大阪、カステラは長崎、みかんは愛媛……
というように、
すぐに地名が出てくるような特産品となれば、
大きなブランドだと言えます。

そこまでいかなくとも、
こんにゃくの里、ゆずの里、たけのこの里など、
その地方で比較的多く作られるものを
ブランドとして育てることができれば、
それも大きな力となります。

ブランドを創るには、
ファッションブランドを立ち上げるのと同じように、
基本となるコンセプトやネーミング、
お店、販路にいたるまで、
きめ細かな項目を決めていかなければなりません。

その商品は、買った人にどんなメリットがあるのか。
ただ美味しいとか、便利だとかではなく、
どんな場面でどんな使い方をしてもらいたいのかを
イメージすることも大切です。

また、名前によって買われ方が
大きく違ってくることも忘れてはなりません。

たとえば、「リンゴジャム」というより、
『○○村の紅玉ジャム』とした方が、
お客さまは興味を示します。

販路については、
既存の土産物屋に置いてほしいと頼んだ場合、
何も考えずに適当なところに置かれるより、
販売什器を独自でデザインし、
専用のコーナーを作ってもらう方が注目度が増します。

さらに、専門店を自前で出すことも考えられます。

別の販路として、流通にのせる時には、
農協や卸会社などに頼ることは危険です。
儲けることばかりを考えて、
商品のイメージを大切に考えてはくれないからです。

また、外国産ぶたを国産だと偽ったり、
中国産椎茸を国産だと言ったり、
汚いことをする可能性もあります。

こんなところに任せては、
せっかく創り上げたブランドの力が衰えてしまいます。
極端な場合、ブランドが消滅しかねないのです。

少し前にも、使ってはいけないホルマリンを
使ったフグを堂々と出荷していました。

いくら害はないとは言え、こんなことをしては、
消費者はこのブランドを信用しなくなります。
大失敗です。

目先のお金のために、
ブランドの力を落としてしまったのです。
こういうことをなくすためにも、
そのブランドのファンとしても、
消費者はこんな行為を許してはならないのです。

生産する側としても、
将来を考えて出荷をやめるべきでした。

ブランドを創り、育てるためには、
誠心誠意取り組まなくてはなりません。
それが、信用づくりであり、特産品づくりなのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする