2017年07月24日

名物ラーメンを作れ!

地方に人を呼ぶ手段としては、
さまざまなものが考えられます。

地域資源を活かした観光地化、テーマパークの誘致、
フィルムコミッションによる話題づくり……。

しかし、それらは手間・時間・費用が掛かり、
成功の可能性も未知数。

努力したからといって、報われるとは限りません。

また、プロジェクトが大き過ぎるため、
地域の人たちの意欲がそがれてしまうのです。

異次元のことで、何をして良いのかがわからず、
不安になってしまうのです。

これでは一体感も生まれず、チグハグなまま、
雲散霧消してしまいます。

地域おこしを目指すのなら、誰もが理解しやすく、
抵抗なく参加することのできるテーマを選択すべきです。

そこで、人を集めるために
もっとも効果的な“素材”をお教えします。

日本に留まらず、海外にまで広がり、
多くの人が興味津々で飛びつく素材。

『ラーメン』です。

話題のラーメン店には行列ができ、
全国のお店を食べ歩くファンも大勢います。

熱狂的なマニアだけの話ではありません。
ごく普通の人さえも、遠くまで足を運ぶのです。

それほど、ラーメンは愛されている存在なのです。

北海道・利尻島に、
「利尻ラーメン 味楽」というお店があります。

北の僻地、しかも島にあるお店ながら、
ここのラーメンを食べるために、
全国各地からお客さまが訪れ、
時には行列ができるほどです。

ラーメンのためだけに、島に渡るのです。

また、秘境グルメと呼ばれるお店にも、
ラーメン屋さんはあり、
山奥にでも人びとは訪ねて行くのです。

これほど集客できる“素材”は、他にありません。

地域の料理人やラーメン好きを集めて、
名物ラーメンを生み出してみましょう。

ラーメン1杯で、町・村が賑わうのです。

完成すれば、PRは簡単です。
ネット時代の利点を活かし、SNSですぐに拡散できます。

さらにつけ加えると、
周囲の人びとは必ず便乗して欲しいということ。

ラーメン人気に便乗して、
さまざまなお店を開店するのです。

温泉や旅館・民宿、射的場、スマートボール、甘味処、
釣り堀、キャンプ場など、
来た人が遊んで帰ることのできるようなお店・施設です。

ラーメンでお客さまが来たとしても、
それだけでは地域おこしにはなりません。

また、ラーメンだけでは、
わざわざ足を運ぶ人が限られてきます。

何か別の目的を作ってあげることが大切です。

複数の目的があることで、
「旅行」というイベントに変わるのです。

それが、地域おこしに繋がるのです。

たかがラーメン1杯ですが、地域の未来が見えてきます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村



posted by 佐藤きよあき at 16:29| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする