2010年02月04日

道案内標識を見直す。


地方へ出かけた時、目的地へたどり着くのに
苦労したことはないでしょうか?

パンフレットの地図がわかりにくい。
案内標識が少ない。あっても、わかりづらい。
私は、車の中でよく怒っています。

目的地の名前と方向を示す矢印を書いているだけで、
あと何kmかがわかりません。
それでも、頻繁にあれば、確認しながら行けるのですが、
そうではありません。

わかれ道があるのに、
何も標識がないことも多々あります。
これでは、迷ってしまいます。

この不親切さは、
地元の人がいい加減だというわけではなく、
“これでわかるだろう”と思い込んでいるからです。
都会から来た人の気持ちになっていないのです。

車でゆっくり走り、わかりにくい場所を
ひとつひとつ確認しながら、標識をつけるべきです。

目的地に着くまでに、迷ったり、イライラしたのでは、
着いた頃には疲れてしまって、楽しめなくなります。

また、あまりにわからないと、
途中であきらめて帰ってしまうかもしれません。

これでは、せっかくの村おこしも台無しです。
“わざわざ”来てくれる人を
スムーズに到着させることができてこそ、
村おこしのスタートラインに立つことができるのです。

そのためには、標識だけではなく、
わかりやすい案内パンフレットを
作ることも必要となります。

「たかが標識じゃないか。いいところなら、
探しながらも人は来てくれるさ」などと考えるのは、
やめた方が良いでしょう。

“いいところ”はいくらでもあります。
人はそちらへ流れてしまいます。

まちづくり・村おこしで大きな構想を描いている時には、
標識のことなど、細かなことのように
思えてしまうのですが、決して忘れてはならない、
非常に大切なポイントです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ブログランキング


posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする