2010年01月07日

ここは日本だ、ということを忘れるな。

海外の都市と姉妹提携した。
だから、村をその都市のような風景にしたい。

海外視察で、ヨーロッパの美しい風景に出逢った。
だから、村にヨーロッパの建物を再現しよう。

村の施設をバロック建築にして、
みんなをアッと言わせよう。

外国の街をそっくりそのままミニチュアにして、
たくさんの客を呼ぼう。

なんと、愚かな者たちよ。ここは日本です。
永年育まれて来た風土・文化の中で、
そんなものが似合うはずはありません。

気候も違えば、風景も違う。人種も違う。
違和感が無いわけがありません。

一時的には、もの珍しさで
人はやって来るかもしれませんが、
すぐに飽きられます。
やがて、誰も来なくなり、さびれていくのです。

単なるムダ遣いをしただけとなります。
こんなことを考えるのは、
だいたい成り上がりの俗物議員が多いのですが。

“日本の良さ”を考え直してください。
美しい風景・伝統文化があったではないですか。

「テーマパーク」を作るというのなら、
話はわかりますが、「東京ディズニーリゾート」を
超える自信があるのでしょうか。

いまやテーマパークは考えるだけムダです。
お金がかかるわりに、成功は難しいのです。

それよりは、「まち・村」の個性をテーマにし、
まち・村全体をテーマパークだと
考えてみてはどうでしょうか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする