2010年01月12日

お客さまには、礼儀を忘れず。

観光立国やグリーンツーリズムという言葉が出て来て、
流行っていますが、
ここで忘れてはならない基本があります。

来てくれる人は「お客さま」だという
意識を持った上での“礼儀”です。

見に来てくれる、遊びに来てくれる人たちは
「お客さま」だという気持ちを忘れていることがあります。
都会では当り前のことですが、田舎ではできないのです。

客商売・サービス業であることを心に刻まなくては、
もてなすことなどできるはずがありません。

まちや村にわざわざ足を運んでくれて、
お金を落として行ってくれるのです。
これによって、サビれた土地が
生き返るかもしれないのです。
活性化されて、暮らしやすい快適な土地に
なるかもしれないのです。大切なお客さまです。

私が田舎に移住したり、
他の地方に行って感じたことですが、
商店の客に対する態度が非常になっていません。

お客「○○ありますか?」
店主「ないなぁ」

お客「これは○○に使えますか?」
店主「わからんなぁ」

お客「○○はどこにありますか?」
店主「そのへんにないか」

という調子で、客商売とは思えぬ無礼な態度。
しかも、タメ口です。

冷たい態度も良くないですが、
せめて敬語が使えないものでしょうか。
田舎で競争が無かったせいか、
努力をしなくても客が来るから、
こんな態度になるのです。

都会から来た人間にとっては、本当に頭に来ます。
大阪人なら、ケンカになるところです。

態度は悪くなくても、タメ口は多いです。
役場などでもそうです。

移住して暮らすには、
気を遣わなくていいという面もありますが、
観光で来た人はびっくりしてしまいます。

こういうタメ口は、中高年以上にとても多いです。
態度の悪いのも中高年以上。
若い人は比較的ちゃんとしています。

田舎の中高年以上は、あまり外の世界を知らないせいか、
世間の礼儀をわかっていない人が実に多いのです。

こういう基本的なところを改善しておかないと、
都会から来た人は二度と来てくれません。

まちづくり・村おこしに携わる人は、
客商売の研修に行った方が良いかもしれません。

まちづくり・村おこしは、まず人づくりからです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする