2010年01月23日

“○○体験”の値段は、どうすれば?

全国のグリーンツーリズムの体験やイベントの概略が
紹介されている冊子を見ていると、
面白い体験メニューが増えてきたことと、
民宿・ペンションが、
「体験型」になってきていることがわかります。

いろんな地方で、
さまざまな取り組みが進んでいることは、
非常にいいことです。

その分、競争が激しくなり、
他とは違うメニューを考えなければならないのですが。

のんびり、うだうだ、
ボッーとしている場合ではありません。
計画があるなら、
いち早く行動に移さなければいけません。

しかも、他とは違うメニューで。
どこかであったなあ、とすぐに思いつくようなものでは、
人は来てくれません。

もうひとつ、気になったことがあります。
○○体験の参加費・体験料です。

どうしてこんなに高いんだと思うところと、
これは安い、行ってみたいと思うところがあることです。
つまり、同じような体験なのに、
値段に差があり過ぎるのです。

たとえば、和歌山県の田植え体験は「3000円」。
同じ田植えを徳島県でやると
「1000円(お弁当付)」。

わら草履づくりは、
前者「1800円」に対し、後者「800円」。

この違いは何でしょう?
実施している組織の違いや宿泊が絡んだりするので、
差が出ているようです。
これは仕方のない部分もありますが、
あまりにも差があり過ぎです。

前者は、それだけで“儲けよう”という
気持ちが見えているような気がします。

確かにグリーンツーリズムは、
「ビジネス」として考えなければならないのですが、
それだけで収益を出そうとせず、
他の付加価値部分で儲けるべきです。

あくまで人に来ていただくための手段・宣伝費として、
もう少し安くすべきです。

これに対して徳島の体験は、
宿泊施設が実施しているのですが、
宿泊客に限定しているわけではありません。

宿泊する人で収益を上げる+体験メニューで
宣伝しているのです。

体験の料金は、
「赤字にならない程度で、できるだけ安く」が理想です。
儲けようとせず、
手間賃が出れば良いくらいに考えましょう。

その場で、農作物や工芸品を売ったり、
温泉に入ってもらったり、宿泊してもらったりすれば、
儲けは出るはずです。

付加価値のビジネスを考えれば良いのです。
体験が安ければ、人は来ます。
人が来れば、宣伝をしなくても
モノ・サービスは売れます。
つまり、儲かるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする