2010年01月22日

○○の町・○○の村に変貌できないか?

鳥取県境港市は「おばけのまち」。
これは、ゲゲゲの鬼太郎の作者・水木しげる氏の
ふるさとだから、そうなったのです。

おばけのブロンズ像のある商店街や
妖怪神社などもあります。

栃木県宇都宮市は「ぎょうざのまち」。
駅前には、ぎょうざの像が建っています。
有名人の像なんかより、余程楽しいです。

香川県高松市は「さぬきうどんのまち」。
最近ブームで、ツアーがたくさん組まれています。

このように、○○のまち・○○の村という
名前がついている地域は、みんながよく知っています。
また、マスコミも取り上げ、
全国に情報を流してくれます。

地域をイメージできるものが1つあれば、
それだけでまちづくり・村おこしは、
成功の入口に立つことができます。

みなさんのまち・村には、何があるでしょうか。

そばの町? 昆布の町? かっぱの町? いのししの村?
ほうれん草の村だっていいのです。

とにかく1つのテーマで、
イメージを創ってしまうことです。
徹底することが大切です。

何もない、というのなら、これから創ればいいのです。

「里いもの村」だって、
徹底すれば、有名になることはできます。

農家はみんないもを作ります。
JAのマークをいもに変えます。
村章もいもマーク。いものキャラクターもできます。

農家レストランは、いものフルコース。
お菓子屋さんもいも菓子を作ります。
いも煎餅でもいいのです。

イベントはもちろん、いも煮会。いも掘りレースも。
里いもオーナー制度。学校給食にも「いもの日」。
いも田楽の屋台も面白いかも。

と、これくらいのアイデアはすぐに出るはずです。
問題は徹底することです。

すべてを1つのテーマで統一することに意義があります。
そうすれば、間違いなくマスコミがやって来ます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする