2010年01月09日

徹底しなければ、意味がない。

地方に行けば、
その土地出身の偉人の資料などを展示した
「○○記念館」というのがあります。

しかし、面白いところはなかなかありません。
よほど興味のある人でないと、見ても感動しません。
展示しているものがしょぼいことも多々あります。

お金をかけた立派な建物も多いのですが、
あまり人は来ていません。

それは、宣伝が少ないこともありますが、
そんな記念館を1つ作ったところで、
誰も興味を示さないからです。

わざわざ、それだけのために足を運んだりはしません。

地元の人は、郷土の誇りだと
思っているかもしれませんが、
今現在注目されているような人物でもない限り、
誰も見向きもしません。

NHKの大河ドラマとか朝ドラの登場人物なら、
人は見に来るでしょう。
それでも、一過性で終わってしまいます。
なのに、地元の人はこのような記念館を作り、
遊ばせています。

ここで足りないのは、“もっと徹底してやる”ことです。

記念館を1つ作ったら、それで満足してしまっています。
そうではなくて、まち・村全体をその偉人で
埋め尽くすくらいのことはできないのでしょうか。

たとえば、物語の作者なら、
その作品の一部を彫った記念碑を
村中のあちらこちらに建て、
ウォークラリーをするとか。

俳人なら、吟行する。
物語を村芝居に仕立てて上演する。

産品にも、その人物を活かす。

「○○まんじゅう」だってかまわないのです。
無理やりにでも、「○○の湯」という温泉施設を
演出しても良いでしょう。

とにかく、すべてを統一してやることです。
これだけやれば、マスコミも注目しますし、
全国にも知れわたります。
記念館1つじゃ、誰にも知られません。

こういったことを役場などに言うと、
必ず同じ答えが返って来ます。

「予算がない」。

“ならば、初めからやるな。金のムダ遣いだ。
 いらぬ道路整備にばかり遣わず、
 もっと大切なことに遣え。
 町民・村民は、土木関係の人間ばかりじゃない。”

おっと、口調が荒くなってきたので、
このあたりでやめます。

言いたいのは、何事も徹底してやることの大切さです。
徹底しなければ、人びとは認めてくれません。
注目してくれません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする