2016年07月02日

移住者を“守る”姿勢が必要。

都会から田舎に移住した人が、
1年も経たないうちに、
都会に戻ってしまうことがよくあります。

そのもっとも多い原因は、
「馴染めなかった」ということ。

漠然とした理由ですが、習慣の違いなどから、
拒絶反応を起こし、人間関係も築けなくなるのです。

こんなイヤな思いをするなら、
こんな窮屈な生活を強いられるのなら、
「都会に戻ろう!」となるのです。

田舎には、都会では皆無とも言える、
厳しいルールや人づき合いがあります。

新参移住者の主義・主張など、
一切受け入れてもらえません。

集落の“掟”に、すべて従わなければならないのです。

都会からやって来た者にとっては、
非常に窮屈で、煩わしい地域生活となります。

心に余裕を持って、行動を共にすることが、
田舎暮らし成功の秘訣です。

とは言うものの、
そこまで“我慢”のできる人は多くありません。

「覚悟を決めて、来てください」
と言うしかないのですが、それでは、
田舎の人口を増やすことはできません。

過疎の町や限界集落が、旧態依然とした仲間意識で、
移住者を拒絶していては、町や村が滅んでしまいます。

人を増やす必要があるのなら、
歩み寄る姿勢で臨まなければなりません。

都会の人のドライな感覚も、受け入れるべきです。

そのためには、
町や村の長が意識を変える必要があります。

都会人と田舎の人の仲介役となるのです。

双方の言い分を聞いて、
妥協点を見出す役割を果たすのです。

地区の区長だけでは、
どうしても意見の偏りが出てくるので、
行政の人間が加わるようにすべきです。

できれば、その地域外出身の人、
もしくは地域出身であっても、
都会に出た経験を有する人が望ましいでしょう。

移住者が地域に溶け込むことはできなくても、
つかず離れずで、孤立することのないよう、
守ってあげる必要があります。

良き相談役となってあげるのです。

年月が経てば、自然なつき合いができるようになります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。



posted by 佐藤きよあき at 16:33| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする