2010年01月02日

住民の意識を高めろ。

まちづくり・村おこしの委員たちが動き出しました。
アイデアに沿って、
あちらこちらを駆けずり回っています。

さてそこで、
その活動のことを住民は知っているのでしょうか。

会ができたこと。アイデアが決まったこと。
何かを作ろうとしていること。

大抵の場合、住民は知らされていません。
知っていても、会の存在のみです。
PRすることを忘れているのです。

実際に活動するのは委員たちだけかもしれませんが、
住民が活動を理解しているのとそうでないのとでは、
成功を左右するほどのパワーの差が出ることを
覚えておいてください。

昔から、
『まちづくりは“人づくり”』だと言われています。

どれほど良いアイデアや仕組みが生まれても、
そこに住む人たちが、同じようにまち・村を愛し、
他の地域の人に知らせたいと望む心が無ければ、
まちづくり・村おこしは成功しません。

住民が愛していないような土地に、
訪問したいと思う人間はいません。

まず、まち・村がやろうとしていることを
住民全員に知らせ、理解を得て、
できることを協力してもらえるような
土台づくりをすることが大切です。

みんなが同じ方向を見て、
自分たちのまち・村に人が来て欲しい
と望むようになるためには、
委員たちの活動をできる限り住民に知らせ、
また意見があれば聞き取るような体制を作り、
住民全体の意識を高めることが重要なのです。

まちや村は、みんなで作るものです。
ひとりひとりが自分の役割を理解し、
かつ果たさなければ、
良いまちづくり・村おこしにはつながりません。

“委員たちが何かやっているわい”ではダメです。
『私たちは、“これ”をやっている』となるように。

『“みんなでやろうよ、何かやろうよ”の推進』
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

アイデアラッシュで、とにかく「数」を出せ。

地域資源は、洗い出したでしょうか。
では、それらを1項目1枚のカード(紙片で良い)に
書いてみましょう。

そのすべてをテーブル上にランダムに並べ、
メンバーでしばしの時間眺めてみます。
1日2日かけても良いでしょう。
その方が、アイデアが浮かんで来ます。

そして、そのカードから思いついたアイデアを
ブレーンストーミングと呼ばれる方法で
披露し合うのです。

この方法は、アイデア出しの会議などで
昔からよく使われるもので、少しだけルールがあります。

「自由奔放」「批判厳禁」などですが、
アイデアを思いついた人は、それを自由に話します。

その時に、他の人は簡単な質問以外は
喋らないようにします。

また、その場では絶対に批判してはいけません。
批判された人は、以後、意見を述べにくくなるからです。

その内容は、誰かがメモ書きしておきます。
こうした作業を繰り返し、
できるだけ多くのアイデアを出し合うのです。

こうした1つのテーマ(ここではまち・村おこし)から、
思いつくままどんどん発想をひろげていく手法を
「拡散思考法」と言います。
アイデア出しの手法として有効です。
これをどんどんやっていきます。

これが終れば、今度は「収束思考法」へと移行します。
あれこれ出したアイデアをもとに、
どのように活動に移すかや組み合わせるかなどを考慮し、
具体化をめざします。

どの案が自分たちのめざすものなのかを考えるのです。
つまり、書き出された“メモ”をまとめて行く作業です。

このように、いろんな事柄を繋ぎ合わせ、
1つの結論を導き出すのが、「収束思考法」です。

この2つの手法によって、まちづくり・村おこしの方向が
見えてくるようになります。

こうした手法に限らず、
自分たちの進めやすい方法で考えればいいのですが、
この手法は“見えなかったものが見えて来る”ので、
私はお奨めします。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

人気ホームページランキングへ
posted by 佐藤きよあき at 00:00| 基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする